忍者ブログ

stop-guard

お味噌味

[PR]

2017/12/15(Fri)00:15

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

2012/01/22(Sun)20:22

タマネギ調理してたらめちゃめちゃ目が痛くて 細胞早く滅びてよ と思いながらフライパン揺すってました、こんばんは。

そろそろコンビニのお弁当にも飽きたのでというか身体中の細胞がコンビニ弁当で形成されていそうなので、なつかしの自炊なんぞをやっています。土日に作って冷凍しとく、とかそんな女子力高いことできないので、帰宅した夜中にもそもそ作ってます。なんだかんだで手を動かすのは好きなので楽しいです。じゃあ普段から作ればいいという話ですが、帰るとやっぱり夜中だしあまり時間が無いの。1時間もお風呂入ってるからいけないんだよお前。ごめんなさい。

そうそう、最近といえば絵も殆ど描かず、本ばかり読んでいました。読み終わって気が向いた時に、ツイッターに作者と書名を書いているのですが、普段そんなつぶやかないので殆ど読書記録と化しています。読んだ本全部書いていったら完全読書記録になってしまうので本当に気が向いた時だけですが、いや、ツイッター自体気が向いた時しか覗かないのですが、まあなに、いいじゃない、気が向いた時で。そういうツールでしょ?

急に本読み始めたよこの人と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、昔から好きです、本。平均的に。
何が平均的なのかといいますと、比較の話になってしまいますが
例えば落書きの場合、あー今絵描きたいすぐ描きたいずっと描いてたいすっごい楽しい大好き と非常にアレな状態な時と、何か気乗りしない描いても描いても気に入らない楽しくない全然楽しく無いもういいよやめたよ絵なんてもう描きたくないよ知らないもう知らない とこれもこれで非常にアレな状態の時がありますが、
本の場合は あー今本読みたいすぐ読みたいずっと本読んでたい大好き と非常に以下略ですが、その逆はありません。いつだって平均的に好きです。推理小説以外ならほとんどなんでも読みます。あ、でも1人暮らし始めてからホラーは読まなくなりました。吉村達也や倉坂鬼一郎好きだったのに。だって怖いんだもの。怖かったら怖いでしょうが!だって1人暮らしだぜ!?
ええと、まあとにかく。去年の11月くらいにその読書スイッチが入りました。きっかけは覚えていません。入っちゃうとどうしようもないので、後はもう読むだけです。
その時期丁度、東方の閻魔と死神にはまりかけてて、なんか漫画かきたいなぁと思っていたのでいやいや、こりゃあもう読むしかないよ読子さん。色んな話しに触れてネタ充電するよ栞子さん。
このブログを始めた時は、なんか狂ったような勢いで漫画描いていた気がします。当時は学生だったし、途中から働き始めたけど研修だし早く帰れたし全然まったくこれっぽっちも忙しくなかったし。ただ、その時はまだパソコンが実家で、土日しかいじれなくて平日は本読んでネタ考えてウハウハでした。通勤だって片道1時間くらいは電車に揺られていたので本読み放題だったし。
それに比べて今とくりゃぁ、通勤自転車だしなんかもう深夜アニメ終わる時間に帰るし、そりゃネタも出てこないよ、吐きたかったら食べなきゃ。いや違う、何かこの表現やだ。でもそんな感じ。

ということを思いながら読みふけっていたわけではありませんが、面白いよ、本。
やることなすこと極端な私なので、去年の暮れから落書きもそこそこにぼけーっと読み続けていたので、そろそろ落ち着いてきました。ぼーっとしていればそれだけで、考えるつもりが無くてもキャラがイチャつき始める程度には充電しました。まだまだ読み足りない気もしますが、そろそろ手を動かしていこうかと思います。
はまりたてなので死神と閻魔を描く事が多くなってしまうかもしれないのですが、描きたいもの描いていかないと加速度的に劣化する、とどこかで見たことがありますし。これ以上悪くなりようも無い気もしますが、行ってて自分で心が痛くなりますが。うん、がんばる、よ。

頑張るよといいながら3月のリリマジ、どうしようか悩んでます。
2月後半あたりににまたアメリカ出張があるのですよ。期間はわからないのですが、リリマジ当日は日本にいるはずです。が、多分原稿がピークになるであろう時期がきっと時差ボケぼっけぼけなので、どうしよっかな。でたいな。そんな、サンデー。

あと、最近↓に大きな広告でてるなとか、そんな事を思いました。
PR

No.625|未選択Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :