忍者ブログ

stop-guard

お味噌味

[PR]

2017/08/20(Sun)01:43

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

会社帰りに寄ってみた品揃えの悪そうな本屋のにおいが懐かしすぎて浄化 されるかと思った

2008/06/17(Tue)21:33

最初に文学ハードカバー、次に文庫、辞書や参考書の並ぶ棚を冷やかして最後にやや奥まった位置にある漫画コーナーへ。
基本は予想通りの品揃え。しかし漫画がすごい。冊数少ないくせに、刀語やDDD、ひぐらしが全巻置いてあった時点で、あれ、とは思ったのですが。
ピンポイントで攻めてくる。
苦もなく目に飛び込んできたコミックス版なのはの2巻は何故か2冊。ここからすでに動揺、というより笑いがこみ上げてくる。
ちょ、一迅社があらわれた!!
ひだまりスケッチだ。
よつばと、苺ましまろ、月姫、メルブラ、fate。全巻おいてありますね。あらやだ、らきすたじゃない。アンソロも完備。
デッドマンワンダーランドが。スロットが「髪の毛」で止まった瞬間顔がひきつったのは内緒。だ、だって最悪のケースを思い描いちゃうじゃない!あの漫画ですよ!?何するか分かったもんじゃない…。良かった、切るだけなんだね。本当に良かった。
…うわ、すごいなこの本屋。入店時の感動を返して。
あ、うわ、なんか背表紙からしてアレな感じのお子様は見ちゃらめなものまで!

そして感嘆すべきはこのカオス漫画コーナーの位置。
一般客からは死角になるけれど、レジからは視認オーケー。ってかレジのすぐ傍。自分の大好きな娘を誰の目に晒すことなく素早く会計できるようになっていました。またね、目隠しの手法があざといの。文房具が並ぶ背の高めな棚が一般客と僕らを隔ててくれる。文具買いにきた人がいるときはまあ仕方ありませんが、私が見た限りでは誰も文具に近付いてはおりませんでした。
日をおいてまた行こう。
因みに私は、この場では買うつもりのなかった初恋限定。を、表紙の江ノ本さんに不意打ちされて衝動買いしました。や、だってこれ、本当、可愛…ッ!西野さんごめんなさい。
感想は…そうですね。もう山本さんの百合フラグから目が離せません(…

さて、今日の本題。
導隊制服のなのはさんのえもいわれぬ色気について。うん本当、あの腰は犯罪。
3期1クールのEDで、こちらに斜め50度くらいの角度で背を向けてしゃがんでいるなのはさんを思い出してください。
どうですかあの首から背中腰、尻、腿にかけての曲線。鼻血出ませんか?出ませんか。
腰っていうか背面っていうかお腹っていうかなんというか…あのしゃがみ込んだときの背面のラインもそうなんですけれど、お腹と太ももとの空間がね、もう、その、ええと、誰か察してください。後ろからぎゅってしたくなりまs(バスター)

フェイトちゃんはね、ちょっと無理しちゃって魔力消耗してきちゃって若干はぁはぁじゃなくて息切れ疲弊気味なのが好き。ってかフェイトちゃんなら何でも良i

という文を昼休みに打っていたのですが、帰りの本屋の一件でどっちがメインだか分からなくなってしまいました。


顕微鏡覗きすぎて目がしょぼしょぼします。測定楽しすぎて時間忘れてた。
周り曰く「集中しすぎ」
何かね、何度か話しかけられていたみたいなの。ごめん、全然全くこれっぽっちも記憶の片隅にも残っていないくらい気付かなかった。いつの間にか借りられて手元から消えたペンを無い無いと探していた自分は一体何なんだ。
お前そこに置いておけば取られたときに絶対気が付く、ってか気づかなきゃおかしいだろ、てくらい手元においておいたのに。取られたの全然気付かなかった。


ところで重大発表があるんです。
あのね、私こんd(強制終了)(いわゆるひとつのあのね商法)
うん、また今度。7月が終わる前には告知します。閉鎖だとかそういうことではないのですが。むしろこれからガンガンに盛り狂い始まりそうなそんな感じで。

毎度毎度、記事の長さが極端だ。


私信:カズさんへ
はじめに謝っておきます。ごめんなさい。



PR

No.139|未選択Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :